ひよっこ支部長の司法書士ブログ  by 司法書士法人ファルコ

東京都港区の司法書士原田正誉のブログ 会社設立、新会社法対応、遺産相続登記、抵当権抹消手続等の司法書士事務所の仕事をブログでご紹介

前のページに戻る

« 新聞の大見出し | メイン | 「後見制度支援信託」のお話 »

2011年02月07日

公益認定あれこれ

司法書士原田正誉の書籍

人気ブログランキング応援お願いします。→ranking


「公益認定やっと取れました。」
今日お客さんから電話がありました。

あのニュースがなければ一般の方には、「何のこっちゃろ?」という「公益認定」ですが、もう聞き覚えのある用語でしょうね。

あの財団法人日本相撲協会が目指している(いた?)公益認定です。相撲協会の場合は、公益認定どころか、存続自体が危ぶまれており、 最悪のケースでは、解散。国技館は国庫に没収というシナリオ。しかし、ちゃんとした法人には、公益認定は、ちゃんと出ます。

そんな公益認定ですが、私の所属する社団法人成年後見センター・ リーガルサポートも公益移行認定の答申書が届いたようです。ちなみに設立は4月1日予定だそうです。

公益認定されたのであれば、それに相応しい活動をしなければなりません。

星の貸し借りはありませんが、

「ちょっと被後見人の口座からだまって借りちゃいました。」

みたいな不祥事が出てしまっては、相撲協会のことをとやかく言えません。リーガルサポートが相撲協会の二の舞にならないよう、 司法書士も襟を正す必要があります。

しかし後見を巡る不祥事が後を絶たないのは、悲しい事実。
そんな状況を打開する手段ができるようです。明日は「後見制度支援信託」のお話。


 人気ブログランキング←たまにはクリック。

 

 

応援クリックお願いします! ya_01.gif rank_005.gif

投稿者 harada : 2011年02月07日 20:26

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://shihoushoshi.main.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1549